思い込みで痛みが治るプラシーボ効果

痛み止めなどの薬を出すといって、実は偽の薬を出されても
痛みが治ってしまうことがあります。

 

これは薬を飲んだら治るというおもい込みが
本当に病気などを治してしまうんですね。

 

このようなことをプラシーボ効果といいます。
実験結果によると、偽の薬でも30%の方が病気が治ったといわれています。

 

これは何も病気に限ったことではなく
スポーツや勉強などの結果も変わるようです。

 

つまり、出来ると思うか、出来ないと思うのか
思い込みで良くも悪くもなるということです。

 

何事も少しでもいい結果を出したければ
出来ると思い込んでやった方が得しそうですね!