寝違いになるのはなぜ?

寝違いとは、なぜなるのか?
どういった状態なのかをお話します。

 

うつ伏せで寝るときに、横を向いた状態で
寝違いになることが多いです。

 

これは首の筋肉をストレッチしている状態で
この状態の時間が長いと炎症を起こしてしまうのです。

 

一言でいえば長時間のストレッチによる炎症です。

 

足などをストレッチをしても長くても数分だと思いますが
もし1時間以上も同じ形でストレッチをしたら、どうなると思いますか?

 

当然、炎症が起きてしまいます。
体が硬い方ほど炎症は起きやすいです。

 

赤ちゃんがうつ伏せで横を向いて寝ても平気なのは
首の柔軟性があるためです。

 

大人になると首が硬くなってくるので
寝違いになってしまうのでしょう。

 

反対に大人になっても首の柔軟性がある方は
寝違いには、なりにくいはずです。