手術をしないでも改善できるのはなぜ?

病院で手根管症候群と診断され
手術をしなければ治らないと言われたとします。

 

しかし、手術をしなくても手首の骨と筋肉を調整すると
改善する場合があります。

 

なぜなんでしょうか?

 

手根管症候群とは手首の辺りで正中神経が圧迫され
親指、人差し指、中指がシビレ、力が入りづらくなったりします。

 

正中神経が圧迫される原因は使いすぎによる筋緊張や
骨のずれによるものです。

 

手術をする場合は神経を圧迫している箇所を
切り開いて、神経を圧迫している部分の肉などを切り取り
圧迫をなくすのです。

 

神経の圧迫をなくすための手術なんです。

 

カイロの場合は、骨のズレを矯正して筋緊張をとります。
これで神経の圧迫がなくなれば改善できます。

 

切らなくても神経の圧迫さえなくなれば方法は何でもいいのです。

 

病院では手術で治す。
カイロは手首の調整で改善させます。

 

どちらを選ぶかは貴方の自由です・・・・・