ギックリ腰は注射で治るのか?

ギックリ腰は注射で治るのか?

 

答えは治りません・・・・・

 

病院で痛み止めの薬や注射は、言葉通り痛み止めなので
腰の痛みを麻痺させて分からなくするのです。

 

よくギックリ腰になった方が「病院で注射を打ってもらったら一発で治った」
という方がいますが、間違いです・・・・・

 

治っていません、痛みが麻痺しているだけです。

 

本当は痛くて歩けないほどの炎症があっても
注射で痛みを感じなくなっているので歩けてしまうのです。

 

それを勘違いして、普通に仕事とかするのは
腰にはとても負担がかかって危険なことなんです。

 

できれば痛み止めの注射を打たずに
痛みと向き合っていた方が、痛みで動けないので安全です。

 

だって痛いから重たい物を持ったり、走ったりしませんよね。

 

想像してください。
痛みを感じない格闘家がいたら・・・・・

 

骨が折れても、靭帯が断裂しても戦えます。
折れた腕でパンチが打てるし、靭帯が断裂した足でキックできます。

 

普通は無理ですが、戦う意志さえあれば、動けるのです。
痛みを感じないのですから・・・・・

 

ちょっと極端な話でしたが、痛みを感じないからと平気で動くのは
危険なことが分かって頂けたでしょうか。

 

痛み止めは、痛み止めでしかありません。
治っていないことを自覚しなければいけません。