膝・足首の痛み

膝、足首の痛みの詳細ページです。
痛みに原因は人それぞれ色々ありますが
このページでは膝、足首の痛みを
症状別に解説していきます。

 

カイロプラクティックで改善されるのか?
ご自分の症状と照らし合わせて
参考にして下さい。

膝、足首の痛み 症状別案内

膝痛
膝痛は、関節のズレ、靭帯の炎症、半月板損傷、
軟骨がすり減るなど様々な原因で起きます。
何が原因なのか検査をして施術をする必要があります。

 

変形性膝関節症
変形性膝関節症は膝痛の中でも最も多い症状で、
軟骨がすり減り骨と骨とがあたって炎症が起き痛みが出ます。
水がたまる場合もあります。

 

水がたまるのは骨がぶつかり炎症が起きる事が原因なので、
調整により原因を取り除けば自然に水はひいていきます。

 

膝痛の原因は加齢とよく言われますが、
何でも年のせいにしていいものなのでしょうか?

 

足の筋肉の衰え、関節のズレなどが原因で軟骨がすり減る事があります。
関節の調整と、運動で軟骨のすり減るのを予防する事ができます。

 

膝に痛みが出たら、軟骨がすり減って痛みが酷くなる前に早めの対応が大切です。
症状があまり進行してしまうと関節の調整をしても改善されなくなってしまいます。

 

オスグッド・シュラッター症候群
オスグッド・シュラッター症候群はジャンプや膝に負担かかるスポーツをする
中学生や高校生の成長期に多く見られる。

 

成長痛とも言われ、膝のでっぱり(脛骨粗面)で足の筋肉に引っ張られ
剥離していきます。

 

無理して運動を続けると悪化します。
筋肉のストレッチや筋緊張をとる事が必要です。

 

足首の捻挫
スポーツなどをして足の裏が内側を向く内反捻挫が最も多いです。
捻挫をしたらすぐに冷やす安静にするなどの処置が必要です。

 

酷い場合は病院にいった方が良いでしょう。
ただ、その後に痛みが中々とれない事があります。

 

その場合は足の関節が捻挫の時にズレた可能性があるので
関節の調整をすると良いです。