股関節・殿部の痛み

股関節、殿部の痛みの詳細ページです。
痛みに原因は人それぞれ色々ありますが
このページでは股関節、殿部の痛みを
症状別に解説していきます。

 

カイロプラクティックで改善されるのか?
ご自分の症状と照らし合わせて
参考にして下さい。

股関節、殿部の痛み 症状別案内

股関節痛
股関節の軟骨がすり減って痛みが出るものを変形性股関節症といいます。
赤ちゃんの時に股関節が外れたままで成長した事で起きる
先天性股関節脱臼や股関節がうまく形成されなかった
先天性臼蓋形成不全いうものもあります。

 

股関節のズレや圧迫で痛みがが出ている場合は関節の調整で改善されますが、
関節がズレて痛みがあるのをそのままにしておくと、

 

軟骨がすり減る可能性がありますので
痛みが酷くなる前に早めの対応をお勧めします。

 

坐骨神経痛
坐骨神経痛とは坐骨神経を圧迫して痛みやしびれの出る症状をいいます。
原因は殿部での神経の圧迫、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、
腰椎滑り症などで起きます。

 

レントゲンやMRIで何もでなければ腰部か殿部での神経の圧迫だと思われます。
この場合は腰の調整や殿部の梨状筋などの筋緊張をとれば改善されます。