肘・手首の痛み

肘の痛み、手首の痛みの詳細ページです。
痛みに原因は人それぞれ色々ありますが
このページでは肘の痛みと手首の痛みを
症状別に解説していきます。

 

カイロプラクティックで改善されるのか?
ご自分の症状と照らし合わせて
参考にして下さい。

肘痛、手首痛 症状別案内

野球肘
野球肘は投球により肘関節に負担がかかり
炎症、骨の変形などが起きるものです。

 

関節、筋肉の調整とリハビリにより改善が出来ますが
骨の変形、靭帯の損傷が酷くなると手術が必要になってきます。
早めの対応がたいせつです。

 

テニス肘
一般にテニス肘と呼ばれているのは、テニスのバックハンドで
肘の外側を傷めた症状のことで、バックハンドの動作で肘に痛みがでます。

 

肘の内側を傷める事は少ないようです。
これは、肘関節、筋肉の調整で改善されます。

 

ゴルフ肘
ゴルフ肘は、ゴルフのスイングでで肘の内側を傷めた症状のことで、
スイングの動作で肘の内側に痛みがでます。

 

肘の外側を傷める事もあります。
これは、肘関節、筋肉の調整で改善されます。

 

腱鞘炎
腱鞘炎は手首、親指の付け根あたりに炎症が起きる事が多いですが、
指の関節でも起きます。
スポーツや仕事、ゲームなどで手を酷使することが原因で起きます。

 

これは筋肉の筋緊張をとることで改善されますが
酷くなると大変なので早めの対応が大切です。

 

その他手首の痛み
その他、手首を曲げると痛い、何かを持つと手首が痛いなど
関節のズレ、筋肉の炎症などが原因で痛みが出ます。
これは、関節、筋肉の調整で改善されます。