手のしびれ

手のしびれの詳細ページです。
しびれの原因は人それぞれ色々ありますが
このページでは手のしびれを
症状別に解説していきます。

 

カイロプラクティックで改善されるのか?
ご自分の症状と照らし合わせて
参考にして下さい。

手のしびれ 症状別案内

手のしびれ
一言で手のしびれと言っても原因は色々あります。
神経の圧迫がどこかで起きているんですが、関節で起きる場合も、
筋肉で起きる場合もあります。

 

特殊なものでは骨の奇形も考えられます。
簡単に言えば神経を圧迫している原因を取り除けば
しびれは改善されるという事です。

 

ただ、脳梗塞など緊急を要するものもあります。

 

胸郭出口症候群
首から肩にかけて血管、神経を圧迫する症状をまとめて胸郭出口症候群といいます。
斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群、頚肋症候群をまとめた症状名です。

 

斜角筋症候群
斜角筋は首にありますが斜角筋による神経の圧迫で手のしびれがでます。
筋緊張をとれば改善されます。

 

肋鎖症候群
肋骨と鎖骨の間の神経の圧迫で手のしびれがでます。
骨格の調整で改善されます。

 

小胸筋症候群
小胸筋の緊張による神経の圧迫で手のしびれがでます。
小胸筋の筋緊張をとることで改善されます。

 

頚肋症候群
頚肋症候群はちょっと特殊で一番下の首の骨に肋骨が余分にあるという奇形が原因で
神経の圧迫が起き、手のしびれがでます。
この場合は、整形外科でレントゲンを撮って確認した方がいいです。

 

奇形が原因で手のしびれが出ている場合はカイロではどうしようもないですが、
必ずしも奇形があっても、そこが原因でしびれが出ているとは限りませんので
検査がとても重要になります。

 

手根管症候群
手首の所に神経が通るトンネルがあり、
そこで神経の圧迫が起きて手のしびれがでます。
手首の骨格調整で改善されます。

 

頸椎ヘルニア
頚椎ヘルニアは椎間板が膨らむ、もしくは椎間板の中から飛び出したもの(ヘルニア)が
神経を圧迫し手がしびれます。

 

ある程度のヘルニアはカイロで対応できますが、
ヘルニアの出方が大きいものは対応しかねます。

 

ただ、気をつけなければいけないのが、手のしびれがありMRIを撮って、
ヘルニアが確認されても、そこが原因でしびれが出ているとは限りませんので、
しっかりと検査をする事をお勧めします。

 

その他手のしびれ
その他、肩から手首に至るまで色々な筋肉の緊張による神経の圧迫で
手のしびれがでます。

 

これは、すべての症状に言える事ですが、
検査でチェックしてどこに原因があるか調べるしかありません。
圧迫箇所が分かれば手のしびれの改善は
それほど難しいものではありません。