ダイエットと食事の回数

今回は、ダイエットについて書こうと思います。
実は、筋トレとダイエットについては、結構詳しいです。

 

ホームページにダイエットのことを目立つように書くと
ダイエットしたい方が集まってしまいます。

 

当院では痛みを改善させたい方に来てほしいので
ダイエットの事はあまり書かないようにしています。
ブログなら目立たないので、ここではマニアックに書いていきます。

 

まず最初に大切なのはダイエットの王道、食事と運動の関係を理解することです。
よく「○○ダイエット」とか流行りますが、根本がわかってないと失敗します。

 

ダイエットの基本を理解した上でやると、より効果を発揮でき、失敗も少ないと思います。
今回は食事のことを、お話します。

 

「食事の回数は多いほどいい」これ、どう思いますか?
うそではありませんよ、本当です。

 

食事をすると体の代謝が上がります、そう基礎代謝が上がるんです。
一日の食事の回数を3回から5回に増やしたら、基礎代謝の高い時間が増えるんです。

 

食べる量は増やしてはダメですよ、一日にとる摂取カロリーを回数を増やしてとる事で、
基礎代謝の高い時間を増やすんです。
これだけで、運動しなくても基礎代謝が上がります。

 

逆に朝食や昼食をを抜いたりして食事回数を2回に減らしたらどうなるか?
空腹時に食事をするとインスリンが大量に出るため、
食事で摂った栄養素が脂肪になりやすい。
食事回数が少ないために基礎代謝の高い時間も減ります。

 

朝食や昼食を抜くダイエット方法は王道から外れているんです。
断食は別ですよ、あれは別物ですので
いっしょにすると話がややこしくなるので、ここではやめておきます。

 

つまり、食事回数を増やすとインスリンを抑制して、脂肪をつきにくくして
基礎代謝をあげられるということです。