友達がバイク事故で肋骨を骨折しました

先日、友達がバイクで事故をして入院した
という連絡が入りました。

 

奥さんからの電話だったんですが
肋骨が折れて肺に刺さったそうです。

 

命に別状はなく重症ではないということなので
ひとまずは安心をしましたが
なぜ、そんなことになったのだろうか?

 

2日後に市民病院に見舞いに行くと
痛みで体を動かすのは辛そうですが
ご飯も食べられるし話もできます。

 

ただ、小さな声しか出せないようで
笑ったりするとわき腹に痛みがでます。

 

立ち上がるのが痛みで時間が掛かり
歩いてトイレに行くにも大変なようです。

 

いったいなんで、そんなことになったのかと聞いてみると
直角コーナーを右折で曲がりきれず土手を落ちて田んぼに突入。

 

おそらくバイクが田んぼに刺さったときにハンドルに
胸の下当たりが当たり、肋骨が骨折して肺に刺さったと思われます。

 

幸い肺の傷は浅かったようので手術はしていません。
なので治療といっても点滴を打って安静にしているだけです。

 

自然に折れた肋骨が治るの待つだけですね。
入院の予定は2週間くらいのようですが
いい状態で骨折が治ってくれることを願っています。

 

彼は昔から峠などを攻めて、よく転んでいますが
運が良かったのか殆ど無傷でした。

 

今回は大きなケガとなってしまい本人も驚いていました。
四輪の車と違ってバイクは事故で怪我をしやすいので
気をつけないといけないですね。