体にとって大事な酵素の話

酵素という言葉をよく聞くようになりました。
酵素ダイエットというものも流行っているようです。
気になったので色々と調べてみました。

 

酵素というものは全ての生き物に存在しています。
植物にも動物にも、私たち人間にもありあす。

 

人の体内には2種類の酵素があります。
消化酵素と代謝酵素です。
2つを合わせて体内酵素と呼びます。

 

消化酵素は唾液や胃液、腸液などに含まれている
食べた物を消化する役目をする酵素です。

 

代謝酵素はそれ以外の酵素のことです。
代謝酵素の役目は体を作ったり、ケガの修復
病気と闘ったり、呼吸や運動など人が生きていくための
全てのことに関わっています。

 

酵素なしでは人は生きていくことができません。
それぐらい重要なものです。

 

体内酵素は消化酵素をたくさん使うと代謝酵素が不足します。
代謝酵素が不足すると免疫や病気などに体の修復などに影響します。

 

健康のためには消化酵素を節約して
代謝酵素を増やすことが大切になります。

体外酵素の役目

外から取り入れる酵素を体外酵素と呼びます。
主に食べ物から取り入れるものです。

 

生の野菜、果物、肉類や魚類にもあります。
酵素は熱に弱いので加熱調理したものにはありません。

 

食品に含まれる酵素のことを食物酵素と読んでいます。
食物酵素を持った生の食品を食べると
人の持つ消化酵素を節約できます。

 

食物酵素をとることで食べた物を消化する手助けをする。
消化にいい物を食べて胃腸の働きを助けます。

 

腸には体の免疫細胞の70%以上が集中していますので
腸が健康になることは体の健康にもなります。